会員専用ページへ
文字サイズ変更 
  • 日本語
  • English
上野精順会員(編集代表)が『運行管理の心理学-理論と実際』を出版
HOME >> 会員活動紹介 >> 上野精順会員(編集代表)が『運行管理の心理学-理論と実際』を出版


 上野精順会員が編集代表となり、『運行管理の心理学-理論と実際』を関西交通経済センターから出版されました。上野先生からは、次のようなメッセージを頂きましたので、併せて紹介いたします。


—————–

 本書は、昭和62年度から平成23年度までの25年間にわたる「中・高年職業ドライバー研究会」の調査・研究報告書の中から、運行管理に関わる部分を抽出してまとめたものです。
 最近の運行管理の法律や運輸安全マネジメントの取り組みの効果なども盛り込み、交通心理学の知見に基づいた事故防止に必要な様々な取り組みの必要性など、運行管理の方法とその意義等について論じています。運行管理者や安全運転管理者はもちろん、運輸事業に携わるあらゆる方々におすすめの一冊です(上野精順)。