会員専用ページへ
文字サイズ変更 
  • 日本語
  • English
松浦常夫会員が「高齢ドライバーの安全心理学」(東京大学出版会)を上梓
HOME >> 会員活動紹介 >> 松浦常夫会員が「高齢ドライバーの安全心理学」(東京大学出版会)を上梓


前学会長の松浦常夫会員による「高齢ドライバーの安全心理学」が東京大学出版会より3月に出版されています。
以下、本の紹介です(帯紙より)

事故を起こさないためには? 運転のやめどき、いつ、どう判断する?
高齢者の運転や事故の特徴から安全対策まで、交通心理学の第一人者が丁寧に解説。
高齢ドライバーやその家族、交通関係者へのヒント満載。
高齢ドライバー1700万人の時代、彼ら/彼女たちの運転は本当に危険なのか。
加齢に伴う身体的・心理的変化と運転の相関、高齢者の事故の特徴やリスク、
有効な安全運転支援、運転からの引き際などについて、交通心理学の第一人者が、
科学的データに基づきわかりやすく解説する。