会員専用ページへ
文字サイズ変更 
  • 日本語
  • English
日本交通心理学会第55回大会
HOME >> 学会年次大会プログラム >> 日本交通心理学会第55回大会
大会準備委員長 麗澤大学国際経済学部 教授 丸山康則 
開 催 日 時 1997年4月12日(土)、13日(日)
開 催 会 場 277 千葉県柏市光ヶ丘2~1~1 麗澤大学事業館
 
日本交通心理学会第55回大会プログラム

 
<第1日 4月12日(土)> 事業館3F
12:00 受付開始
13:00−13:10 開会の挨拶(丸山大会委員長、会長、麗沢大学学長)
13:10−15:00 前会長 宇留野藤雄先生を偲んで
「交通事故の発生メカニズムと事故防止教育」
シンポジスト
内海 倫(元人事院総裁)
西山 啓(比治山大学教授)
塩地 茂生(尾久自動車学校社長)
小林 實(安田火災海上保険)
15:10−16:10 総会
16:20−18:20 提言についての検討会
18:30−20:30 懇親会(於:麗沢大学貴賓館)
20:30−21:30 自由時間(入浴その他)
21:00− 研修寮での部会 懇親会(於:第1・2会議室,談話室)
  
<第2日 4月13日(日)>
午前の部(於:事業間3F)
08:30−09:00 ケネスキン博士の講演
司会通訳 太田 博雄(東北工業大学教授)
09:30−11:50 研究発表
09:30−11:10 司会
吉田 信彌(東北学院大学)
松永 勝也(九州大学)
11:10−11:50 司会
金光 義弘(川崎医療福祉大学)
町田 靖治(狭山モータースクール)
11:50−13:00 昼 食
午後の部 第一会場 
13:00−14:40 研究発表
司会
金光 義弘(川崎医療福祉大学)
町田 靖治(狭山モータースクール)
第2会場 研修寮会議室
13:00−14:20 研究発表
Chairman
Hiroo Ohata Tohoku Institute of Technology
Kazumi Renge Tezukayama University
15:20−15:30 閉会の挨拶(大会委員長)

日本交通心理学会第55回大会発表論文
1 運転者行動のモデル構成に向けて—認知機能の位置づけ— Toward modeling of driver behavior
吉田 信彌(東北学院大学)
2 道路形状と自動車運転者の視覚的な探索行動に関する研究(1)—画像観察手続きの検討—
深沢 伸幸(自動車事故対策センター)
佐伯 勝幸(自動車事故対策センター)
3 カーブ走行時におけるドライバーの意識
上野 精順(大阪工業大学工学部)
4 車頭空間の保持法に関する路上実験
志堂寺 和則(九州大学大学院システム情報科学研究科)
松木 裕二(九州大学大学院システム情報科学研究科)
武藤 郁和(九州大学大学院システム情報科学研究科)
北村 文昭(九州大学大学院システム情報科学研究科)
松永 勝也(九州大学大学院システム情報科学研究科)
5 携帯電話使用時の運転事故発生のメカニズム
松永 勝也(九州大学大学院システム情報科学研究科)
志堂寺 和則(九州大学大学院システム情報科学研究科)
北村 文昭(九州大学大学院システム情報科学研究科)
早見 武人(九州大学大学院システム情報科学研究科)
野瀬 康弘(九州大学大学院システム情報科学研究科)
松木 裕二(九州大学大学院システム情報科学研究科)
武藤 郁和(九州大学大学院システム情報科学研究科)
6 超高齢者の運転適性診断について(2)
阿相 孫八((株)鳥太郎会長)
7 幼児に対する安全意識と母親の養育態度との関連
金光 義弘(川崎医療福祉大学)
8 弱者感応信号機についての横断者の認識と利用に関する心理学的考察
矢野 伸裕(科学警察研究所)
三井 達郎(科学警察研究所)
9 ドライバー教育に使える”運転”のとらえ方
町田 靖治(狭山モータースクール)
10 5画面式運転挙動・運転情報記録システムによる安全運転教育について
江上 嘉実(南福岡自動車学校)
11 因子分析によるKM式安全運転助言装置と種々の心理検査との関係について
長尾 勲(九州産業大学)
北村 文昭(九州大学大学院システム情報科学研究科)
松永 勝也(九州大学大学院システム情報科学研究科)
12 KMモデルに基づく安全運転教育シミュレータの開発(1)
松木 裕二(九州大学大学院システム情報科学研究科)
北村 文昭(九州大学大学院システム情報科学研究科)
志堂寺 和則(九州大学大学院システム情報科学研究科)
松永 勝也(九州大学大学院システム情報科学研究科)
13 A preliminary study on young dirvers’ Hazard perception,self-confidence,and choice of speed
Kazumi RENGE Faculty of Liberal Arts,Tezukayama University
14 A Pilot Study of traffic Education for Children at School
Kazuhisa OGAWA Faculty of Human Science,Osaka University
15 A five year panel study of driving among novice drivers
Tsuneo MATSUURA National Reserch Institute of Police Science
16 CAI-System Utilization in the Measurement of Older Drivers’ Hazard Preception
Hiroo OHTA Tohoku Institute of Technology


学術大会についてのお問い合わせは下記へ: 
日本交通心理学会事務局 長尾、鈴木
(電話:03−3353−0737/FAX:03−3351−5120)