会員専用ページへ
文字サイズ変更 
  • 日本語
  • English
日本交通心理学会第64回大会
HOME >> 学会年次大会プログラム >> 日本交通心理学会第64回大会

大 会 委 員 長 西山 啓
開 催 日 時 平成14年11月5・6日
開 催 会 場 仙台市仙台国際センター

[第1日 11月5日(月)]

13:00~13:15 開会式
13:15~13:45 オープニングレクチャー :「日本の交通心理学の歴史と課題」
発表者:長塚康弘(新潟中央短期大学)
13:45~14:25 特別講演:「EUの若者ドライバーへの運転者教育」
発表者:エスコ・ケスキネン(トゥルク大学)
14:30~15:10 特別講演:「高齢ドライバーへの安全対策」
発表者:リーサ・ハカミエス・ブロムクヴィスト(ヘルシンキ大学)
15:30~16:45 研究発表?(ポスター)
16:45~18:00 研究発表?(ポスター)
18:30 懇親会(江陽グランドホテル)

[第2日 11月6日(火)]

9:00~10:40 研究発表?(ポスター)
10:40~12:20 研究発表?(ポスター)
13:30~14:10 特別講演:「スウェーデンのVision Zero計画と運転者教育」
発表者:ハンス・ユング・バーグ(スウェーデン国立道路交通局)
14:15~14:55 特別講演:「高齢者の交通安全を考える」
発表者:太田博雄(東北工業大学)
15:00~16:00 研究発表?(ポスター)
16:00 閉会の挨拶

[特別講演 目次]

オープニングレクチャー:「日本の交通心理学の歴史と課題」
長塚康弘(新潟中央短期大学)

Recent Trends in driver education in European Union
Learning to become a driver-problems and solutions
Esko Keskinen
Traffic Psychology
Department of Psychology
University of Turku
Finland

Aging and driving:Mobility or safety?
Liisa Hakamies-Blomqvist12
1VTI, Sweden
2Swedish School of Social Science
University of Helsinki, Finland

Current changes of the driver education system in Sweden
Hans-Yngve Berg
Swedish National Road Administration (SNRA), Sweden

「高齢ドライバー安全教育の課題」
太田博雄(東北工業大学)

 

研究発表?(11月5日 15:30~16:45)

座長:松浦常夫(科学警察研究所)

(英語)
1 A three-stage developmental model for novice drivers
(初心運転者の態度と技能の変化から見た発達モデル)
Tsuneo Matsuura (National Research Institute of Police Science)
2 An Examination of Unsignalized Intersection Negotiation Model of Drivers without Right of Way by Means of Analyses of Crossing-Path Crashes
(出合頭事故分析による非優先側運転者の交差点進入モデルの検討)
Naoya KANDA (Graduate School of Human Sciences,Waseda University)
Toshiro ISHIDA (School of Human Sciences,Waseda University)
3 Driver improvement, how to challenge emotional processes?
Mika Hatakka (University of Turku)

(日本語)
4 無信号交差点での危険行為の分類に関する一考察
上山 勝 (科学警察研究所)
堀野 定雄・北島 創 (神奈川大学)
5 安全行動の励行レベルと安全行動に対する認知との関連
赤塚 肇・深沢 伸幸 ((財)鉄道総合技術研究所)
6 高速道路走行における運転経験差と状況認識の関係について
北島 洋樹 ((財)労働科学研究所)
沼田 仲穂・菅原 淳史 (三菱自動車工業)
7 交通死亡事故第一当事者の刑事責任の認知 —大学生の意識調査—
金光 義弘 (川崎医療福祉大学臨床心理学科)

研究発表?(11月5日 16:45~18:00)

座長:谷口 俊治(椙山女学園大学)

(英語)
1 ISA and Vision Zero
Ralf Risser (FACTUM)
2 Short and long-term effects of the Finnish driver training renewal
Ari Katila and Esko Keskinen (Department of Psychology, University of Turku, Finland)
3 How to evaluate driving instruction without using passing rates — an example
Sami Mynttinen and Kari Hakuli (Finnish Automobile Inspection Center)
4 A Study on Highway Guide Signs
— The importance of the continuitious guide signs in IC —
(案内誘導の研究?)
○Tomoki Yomura (Graduate School of Human Sciences, Osaka University)
Masaaki Omori (School of Human Sciences, Osaka University)
Masaya Okada (Graduate School of Human Sciences, Osaka University)
5 Preliminary Results from A Large Scale Trial With Intelligent Speed Adaptation in Lund, Sweden
András Várhelyi※, Christer Hydén※,Magnus Hjälmdahi※, Sverker Almqvist※,
Hossein Ashouri※, Magda Draskóczy※※, Ralf Risser※※※, Katsuya Matsunaga※※※※,
○Shunji Taniguchi※※※※※
※Department of Technology and Society, Lund University, ※※Endresz Kft, ※※※FACTUM, ※※※※Faculty of Graduate School, Kyushu University,
※※※※※School of Culture-Information Studies, Sugiyama Jogakuen University

(日本語)
6 人口動態統計・交通諸統計にみる日本と北欧4カ国の事故の比較
丸山 康則 (麗澤大学国際経済学科)
7 ノルウェーと日本、トンネル視環境の違いについての一考察
空 京子 (株式会社 インテグラル)

研究発表?(11月6日 9:00~10:40)

座長:所 正文(国士舘大学)

(英語)
1 高齢者の交通安全意識と道路横断の仕方について
勝田 亨・岸田 孝弥 (高崎経済大学)
2 A study on overconfidence of old drivers : we propose to include estimations of personality traits in the legal driving aptitude tests for the elderly
(高齢ドライバーの過信について:高齢者講習への提言を含めて)
Masabumi TOKORO(Kokushikan University)
3 A Lack of Pedestrians’Comprehension of the Meaning of Flashing Green Pedestrian Indications
(歩行者青点滅信号の法的意味についての歩行者の理解度)
○Nobuhiro YANO (National Research Institute of Police Science)
Kenji MORI (Institute for Traffic Accident Research and Data Analysis)

(日本語)
4 高齢者の運転行動に関する研究(6)−運転継続欲求に関する意識構造
藤川 美枝子 (広島大学大学院教育学研究科)
西山 啓 (比治山大学現代文化学科)
5 歩行者の信号無視行動に及ぼす要因 −急ぎ要因と記述的規範の相互作用について
北折 充隆 (日本学術振興会/名古屋大学教育発達科学研究科)
6 自動車教習所指導員の大学院入学がもたらす効果に対する考察
—8名の修士号取得者の場合—
西山 啓 (比治山大学現代文化学部)
7 「高齢者講習」の評価に関する研究
−高齢者講習担当指導員と高齢者との「安全運転」に対する考え方及び意識の比較—
長岡 健吾 (比治山大学大学院現代文化研究科/石原自動車教習所)
8 自動車教習に関する心理学的研究
「教習時における運転適性検査と卒業後の違反傾向との関係」
岡本 吉生 (比治山大学大学院現代文化研究科/松江浜乃木自動車教習所)
9 教習形態による教習生の安全意識の比較
椋木 勇一 (比治山大学大学院現代文化研究科/益田ドライビングスクール)
10 心身に障害を持つ者の免許希望者への教習ストラテジー
森下 高博 (比治山大学大学院現代文化研究科/益田ドライビングスクール)

研究発表?(11月6日 10:40~12:20)

座長:田和 淳一(日本損害保険協会)

(英語)
1 Effects of driver’s own accidents and “Hiyari-Hatto” experiences through Driving Simulator travel on a modification of self appraisals
(ドライビング・シミュレータにおける事故体験とヒヤリ・ハット体験が自己評価に与える影響)
○Akira Ohtani (Graduate school of Letters, Chukyo University)
Hiroshi Kansaku (School of Psychology, Chukyo University)
2 Fluctuations in reaction times and EEGs for choice reaction tasks while operating a driving simulator
(ドライビング・シミュレータ運転時の選択反応課題における認知・反応時間と脳電位の関係)
○Tomonori INOUE, Katsuya MATSUNAGA, Kazunori SHIDOJI and Yuji MATSUKI
(Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University)
3 Traffic attitudes of young male and female drivers in Finland — a comparison between 1978 and 2001
Sirkku Laapotti※, Esko Keskinen※ and Sirpa Rajalin※※ ※Department of Psychology, University of Turku, Finland ※※The Central Organization for Traffic Safety, Helsinki, Finland

(日本語)
4 企業の自動車事故防止・軽減に資する手法の調査・研究
−自動車事故が企業利益に及ぼす影響に着目して−
田和 淳一・宮澤 正(日本損害保険協会)
5 運転シミュレータと質問紙調査を利用した新たな運転者教育手法の提案
西田 泰 (科学警察研究所交通部)
○毛利 一幸・力石 直樹・坂野 輝雄 (三菱プレシジョン株式会社)
6 ドライビング・シミュレータを用いた高齢者の運転行動の分析(?)
−視覚情報の入手及び飛行緒元の保等に関する基礎的な分析−
米澤 久範・高橋 正晴 (東芝テスコ株式会社)
岸田 孝弥 (高崎経済大学)
7 低高度飛行時の操縦パフォーマンスについて
相羽 清彦 (航空自衛隊航空医学実験隊)
8 自動車のタイヤと路面間の摩擦係数の推定に関する研究(4)
田口 学 (九州大学大学院システム情報科学府)
松永 勝也・志堂寺 和則・松木 裕二 (九州大学大学院システム情報科研究院)

研究発表?(11月6日 15:00~16:00)

座長:小川 和久(広島国際大学)

(英語)
1 Developing children’s skills to perceive road traffic hazards: educational approaches and practical issues
(こどものハザード知覚能力を伸ばす−教育的アプローチと実践上の諸問題)
Kazuhisa OGAWA
(Faculty of Human and Social Environment, Hiroshima International University, Japan)
2 ストレス状態とその蓄積がリスクテイキング行動に及ぼす影響について
吉川 聡一 (関西大学社会学部)
杉山 幸三 (大阪産業大学工学部)
3 Negligent behaviour has increased, suicides not
A follow-up study of fatal Finnish motor traffic accidents 1974-1998
Kati Hernetkoski, Esko Keskinen, and Inkeri Salo (Turku University)

(日本語)
4 プロ・ドライバーの業務特性とストレスおよび事故の特徴に関する研究
—エコグラム(SGA)からのアプローチ−
小松 紘 (東北福祉大学感情福祉研究所)